ホーム > マメ知識 > ウェディングドレスより難しい2着目ドレス選び!? 衣裳チェンジのポイント

ウェディングドレスより難しい2着目ドレス選び!? 衣裳チェンジのポイント

ウェディングドレスより難しい2着目ドレス選び!? 衣裳チェンジのポイント

純白のウェディングドレスは花嫁の特権ですが、海外ウェディングでのフォトツアーや帰国後アフターパーティーの際に着る「2着目ドレス」も、花嫁にとっては大切な1着ですよね。
たくさんのデザインの中から自分に似合うドレスを選ばなくてはならないので、実際に決める際にはつい悩んでしまうことも。デザインやカラーのバリエーションが豊富なぶん、ウェディングドレス選びよりも難しいこともあるのです。
さらに、2着目ドレスを選ぶ際にはちょっとしたコツがいくつかあります。美しい花嫁姿を叶えるために知っておきたい2着目ドレスの選び方のポイントをご紹介いたします。

ウェディングドレスとは違うデザインを選んで

ウェディングドレスより難しい2着目ドレス選び!? 衣裳チェンジのポイント

2着目ドレスを決める際には、すでにウェディングドレス選びは終わっているという方も多いはず。ウェディングドレスの後に2着目ドレスを選ぶときには、そのデザインやカラーに注目してみましょう。
もしウェディングドレスにプリンセスラインの華やかなシルエットを選び、その後のフォトツアーに2着目ドレスへと衣裳チェンジする場合、ミモレ丈のドレスやシックで落ち着いた雰囲気のドレスなどをチョイスすると、2種類のテイストを楽しむことができます。
また、帰国後のパーティーで2着目のドレスを用意する場合には、デザイン違いのウェディングドレスを取り入れるのがオススメです。ミニ丈のドレスやカラードレスなどを選ぶと1着目との差をつけて大きなイメージチェンジに。
デザインやカラー選びで遊び心を取り入れるのも楽しいですよ。

「好きなデザイン&カラー=似合うデザイン&カラー」じゃない!? 本当に似合うドレスを見極めて

「わたしは小さい頃からロングスカートが好き!」「気が付くとピンク系の服ばかり集まっている」と人それぞれ好きなデザインやカラーがあるものですが、実は2着目を決めるときに「好きなデザイン&カラー」を基準として選んでしまうと、実はあまり似合わなかったということもあります。
自分の好みはパステルカラー系だとしても、実際にドレスを試着してみるとイエローやパープルなどのハッキリとした色味のほうが似合うということもあるのです。
「このデザイン、このカラーに絞って決めていく!」といって初めから選択肢を狭めるのではなく、まずはたくさんのドレスを試してみることが大切なポイントに。繰り返し試着を行うことで自然と自分に似合うデザイン&カラーが見えてきます。

シチュエーションに合わせた2着目ドレス選びを

2着目ドレスを決めるときには自分の肌や顔立ち、髪の色に似合うことはもちろん、会場の雰囲気に合わせることも重要なポイントです。
帰国後にアフターパーティーをホテルで行う場合には、レッドやロイヤルブルー、イエローなどの目立つカラードレスがよく似合います。
また、最近注目されているガーデンウェディングやフォトウェディングなどの少しカジュアルダウンしたスタイルの場合には、爽やかで可愛いミニドレス、ナチュラルテイストのパステルグリーンや薄ピンクなどのカラードレスがオススメです。自然の光と、背景によく馴染んでそのシチュエーションをより華やかに彩ることができます。
さらに、ハワイなどの海外で結婚式を挙げるリゾート婚の場合には、海外の美しい海を連想させるパステルブルーやエメラルドグリーン、強い日差しの下に映えるパステルイエローなどがピッタリ。海外らしい雰囲気をまとってオリジナリティの高い結婚式を演出しましょう。

ウェディングドレスより難しい2着目ドレス選び!? 衣裳チェンジのポイント

ウェディングドレスや2着目ドレスを選ぶときには、家族や友人など誰かに付き添いをしてもらって行くのがマストです。実際に着ている自分では分からない、人からの目線や引きで見たときの印象などを知ることができます。
お気に入りの1着を見つけて、幸せいっぱいの世界1素敵な花嫁ルックを叶えましょう。

おすすめ記事