ホーム > マメ知識 > 雨の結婚式は祝福の意味が? ハワイ挙式の天候が雨だったら?

雨の結婚式は祝福の意味が? ハワイ挙式の天候が雨だったら?

雨の結婚式は祝福の意味が? ハワイ挙式の天候が雨だったら?

ハワイが誇る青い空と青い海。ハワイの最高なロケーションで挙げるビーチウェディングやガーデンウェディングに憧れを抱く方は多いはず。
しかし、ハワイでは11月~3月の間が雨季となっていて、雨が降りやすい時期となっています。もし、結婚式当日に雨が降ってしまったら……? 室内で行う挙式なら問題ありませんが、もし外で行う場合には一体どうしたらいいのでしょうか。
今回は、ハワイ挙式を考えている方に向けて、ハワイの雨季事情や当日に雨が降ったときの対処法、前準備などについてご紹介いたします。

ハワイの雨季ってどんなものなの?

日本にも梅雨という時期があるように、ハワイでは一般的に11月~3月の間が雨季となっています。雨季といっても毎日のように雨が降り続いているわけではなく、降ったりやんだりの繰り返し。1日中雨が降らない日ももちろんあります。
降水量も日本に比べるとグッと少なく、1日中ずっと雨が降り続いているということはありません。さっきまで雨がザーッと降っていたかと思えば、ピタッと止んで太陽がピカピカということがよく起こります。ハワイの雨季の雨は、通り雨のようなイメージをしておきましょう。
また、日本の梅雨はじとじととして湿度が高く過ごしにくい日が続きますが、ハワイは雨季でも空気がカラッとしているので過ごしやすさも抜群!
さらに、雨のあとには虹の出現も増えるので、嬉しいポイントまであるのです。
ただし、乾期に比べると最高気温が下がって朝晩は冷え込むこともあるので、上着の準備が、マスト。パーカーやカーディガンなどの少し厚手の羽織ものがあると安心です。

雨の結婚式は神様からの祝福? ハワイアンならではの思いとは

ハワイアンにとって、雨の日の結婚式は喜ばしいこと。
結婚式に雨が降ることは、神様からの祝福だといわれているのです。
また、雨が上がったあとに美しく大きな虹が空に出たときには、祝福の光としてさらにお祝いムードが高まるのだとか。地元のハワイアンからも愛されている虹の下で結婚式を挙げれば、特別な思い出となることでしょう。

雨の日ウェディングを考えて用意しておきたいこと

憧れのハワイ挙式を雨季に予定している方は、前もってプランや小物の準備をして当日に雨が降っても対処できるようにしておきましょう。
また、あえて雨を楽しんでしまおう! という考えを持って結婚式に臨むことも大切です。
会場でも傘の用意はありますが、可愛くてオシャレなお気に入りの傘を用意したり、ウェディングドレスに似合う長靴を準備して、雨季ならではのハワイを堪能しちゃいましょう。
ウェディングドレスを着て大きな傘を持つ姿は、雨の日ならではの特別なワンシーン。
ピンチをチャンスに変えるという発想で、雨の結婚式を満喫しましょう。

雨の結婚式は祝福の意味が? ハワイ挙式の天候が雨だったら?

ハワイの言葉に「No Rain No Rainbow」というものがあり、これには「雨が降らなければ虹も出ない」という意味があります。雨を神様からの恵みだと考えているハワイらしい素敵な言葉ですよね。たとえ雨季に結婚式を挙げる予定でも、マイナスなことばかり考えるのはやめて、プラスに考えられるようにするのも大切です。
一生に一度のせっかくのハワイ挙式を心から楽しみましょう。

おすすめ記事